島原鉄道

島原鉄道は諫早から加津佐までの78.5kmを走っていたローカル私鉄です。平成20年3月31日に南半分の島原外港~加津佐間(35.3km)が廃止になりました。


諫早駅


昭和61年に修学旅行で諫早には一度来ているのですが、その時は島原鉄道は利用しませんでした(島原で宿を抜け出して勝手に一駅だけ乗りに行きましたが・・・笑)ので、島原鉄道のホームに立つのはこれが初めてでした。

(平成19年7月26日撮影)


本諫早駅


加津佐行きの始発列車は諫早駅ではなく一つ隣の本諫早駅発なので、諫早駅前にあるホテルから本諫早駅まで歩きました。加津佐駅まで片道2,030円、高いです。1日フリー乗車券があると良いのですが、島原鉄道では発効日が決まっているため、このときは買うことができませんでした。最初に加津佐まで行き、そのあとは廃止予定区間内を行ったり来たりしながら、写真撮影と切符の購入をする予定でした。

本諫早駅駅舎
本諫早発加津佐行き始発列車
加津佐まで2,030円。たっ高い!! (^o^;)

(平成19年7月26日撮影)


島原駅


昭和61年に高校の修学旅行で島原に来たことがあります。修学旅行では島原鉄道は利用しなかったのですが、宿が島原駅に近かったので、夜こっそり宿を抜け出して島原~島鉄本社前の一駅区間だけ乗りに行きました。ただ、英語の先生に見つかってしまい、先生と2人で乗りに行くはめになってしまいましたけどね(笑)。宿に戻ってから同室の友人たちに怒られました(心配していたようです)。 (^o^;)

島原駅駅舎

(平成19年7月26日撮影)


南島原駅


南島原駅には車両工場があります。構内は広く、いろんな車両が止めてありました。自分としてはまっ黄色のキハ2500型、2550型よりは、三本髭のキハ20型のほうが島原鉄道のイメージですね。

南島原駅駅舎
車両工場
急行しまばら
こっちのほうが島原鉄道のイメージ

(平成19年7月26日撮影)


島原外港駅


島原外港~加津佐間が廃止され、現在は島原鉄道の終着駅になっています。後になって知ったのですが、2010年11月2日に運転手の煙草の火の不始末でこの駅舎は燃えてしまったとか。怪我人がでなくて良かったです。このとき駅舎の写真を撮っておいて良かったです。

島原外港駅駅舎(2010年11月2日焼失)
島原外港駅駅舎内
諫早方面
加津佐方面

(平成19年7月26日撮影)